納骨式の内容と寿陵墓のメリット

納骨式の内容と寿陵墓のメリット

納骨はいつ行うものでしょうか。通常、お墓がすでにある場合だと、四十九日の法要に合わせて納骨法要もするのが一般的ですが、お墓を新しく建てた場合は開眼供養と合わせて行われます。

納骨式に必要なお供えものは、仏式では実はお清め式、納骨式と、あえて分けて行う場合があるので、僧侶に相談すると良さそうです。基本的な内容は、くだもの、和菓子、お花、お酒、重箱、おもち、お塩、お米などが必要です。参列される人数によってはテントやいすの準備も必要ですし、四十九日や開眼供養のお斎(食事)の席を用意しないのであれば折弁当なども必要になるかもしれません。参列者の人数の把握を改めてしておく必要がありますね。

納骨には“埋葬許可証”が必要になります。埋葬許可証は、火葬場で火葬してもらうときに提出する“火葬許可証”に、火葬済みである証印と日時を記入してもらうと埋葬許可証となります。この書類が納骨のときに必要になるので忘れないようにしなくてはいけません。

葬儀費用の抑え方は葬儀内容をシンプルにしましょう。これで費用を抑えることをお勧めします

また、納骨時には石材店にお世話になる作業がいくつかあります。まず、墓石のカロートの蓋を開けてもらわなくてはいけませんし、代々続いているお墓であれば戒名などを刻んでもらいます。また、生前に立てたお墓を寿陵、または生前墓と呼びますが、その場合、朱色で戒名を刻んでもらっているのを濃紺や黒文字に塗り替えてもらう必要があるのです。

ここで寿陵について少しお話ししますと、生前墓である寿陵には古くから“子孫繁栄”“長寿”“家内円満”の3つの果報を招くとされ縁起のいい功徳の高い行為とされてきました。現在では、後を継ぐ子孫などに負担をかけたくないという思いや、墓地不足の不安などから寿陵は一般的になってきたようですが、予算に合わせて納得のいくデザインを選び、好みのものを建てることができますね。家族で話し合いながらお墓を建てられる楽しみは寿陵墓ならではといえますね。

税金の面でもメリットがあります。お墓は課税の対象にならないので相続の際には相続税はかかりませんし、不動産取得税や固定資産税などもかかりません。親が寿陵墓を建てておけば相続のときに墓地代は除外することができるのです。それにお墓だけではなく、仏壇や礼拝物などは、高価なものでも税金がかからないので節税対策にもなるということです。

葬儀には、規模や棺の質、花などのお供え物でかなり違ってきます。更に、地方によっては葬儀の際に出す料理、会葬御礼による人数分の負担も少なくありません。 そこで、お勧めします葬儀費用の抑え方としては、規模や人数を思い切って最小限にすることです。 例えば、葬儀の規模としては、身内だけの家族葬にし、お供え物や用意する会葬御礼も最小限にしていきます。 食事も葬儀会場でとる場合もありますが、折り詰めなどで対処していく、棺も一番低い金額のものを希望します。 全てにおいて、一番小さい規模にすることで高くなりがちな葬儀費用の抑え方をしましょう。