各宗派の思想を考える(天台宗)

各宗派の思想を考える(天台宗)

宗派やその分派による思想を具体的に考えていきたいと思います。まずは天台宗の法話です。 『生物から見た世界』という本に出ていた問題だそうです。

葬儀費用の抑え方をお教えしましょう。見積をしっかり取る事をお勧めします。

道路を歩いていると、突然カラスにつつかれたのでとっさに道端に落ちていた棒を拾って投げ付けました。投げ付けた棒と、拾う前に道端にあった棒は同じでしょうか、違うのでしょうか。道に落ちていた棒を拾って投げたのですから同じ棒に決まっています。棒に変わりはありません。成分も形も重さも何ら変わっていないはずです。ところが棒は大いに変化しているというのです。棒という存在の意味がすっかり変わってしまったのです。つまり、路傍(ろぼう)の棒がカラスを追い払うための“武器”へと変化してしまったのです。そのもの自体は同一であるのに、存在の意味が変化したのです。その変化の主な原因は棒にあるのではなくその棒を取ろうとした人間の方にあります。人の心が、人の行いが、科学的には同一であった棒に変化を与えたというのです。このような人間の行いを身・口・意の三業(ごう)といいます。身体的な行いと、ことばで表す行いと心に思う行いのことです。そして、この三つの行いを浄(きよ)めよと仏教は教えています。浄めるとはどういうことでしょうか。その三業の行動が自己中心のわがままになっていないか、こだわりや執着がないか、欲望はコントロールができているか、他人を傷付けていないか、常に反省することではないでしょうか。そしてこの三業はそれぞれの行いだけでなく、その行いによってもたらされる結果をも含んでいます。よきにつけ、あしきにつけ、私たちのこの三つの行いは、結果として自分を含めたさまざまな存在の意味づけをするのです。

人間は常に自己中心的な考え方をしがちですよね。でも自分でそれを制することができなければ、自分の欲のために他のものを傷つけることにもなるし、自分や他人の名誉を傷つけることにもなってしまう。エゴを捨ててもっと謙虚な気持ちを持つべき‥といった教えのように私は思いました。なかなか簡単なことではない話だと思います。当てはめて考えられる場面が日常にもたくさんありそうですが、葬儀の場面でも言えるのではないでしょうか。亡くなった故人のために行う葬儀であるのにもかかわらず、いつの間にか遺族達のエゴや見栄などのために葬儀の段取りでモメていたりといった場合に、そんなときこそ仏前でしばしこのお話を考えてみてはいかがなものかと思います。

身内に不幸があった時、すぐに葬儀が始まります。葬儀費用の抑え方をお教えしましょう。 それは、見積をしっかり取ると言う事です。葬儀前にしっかり見積を取る事をお勧めします。 葬儀の場合、こちらに知識がない場合が多く、業者に言われるがままに決定してしまう事が多くなりがちです。 お願いする前に、見積を出してもらい、不要と思われる部分についてはしっかり確認したり、グレードを落とせそうな物もしっかり確認しましょう。