仏教における死の考え方

仏教における死の考え方

宗教によって、人の死生観は変わってきます。ここでは、わが国の仏教における死生観の考え方を紹介してまいります。
仏教の発祥は、今から約2500年前に現インドで仏陀によって説かれたとされており、その根本には現世における苦難から抜ける、すなわち悟りを開き涅槃の状態に達するという目的があります。もちろん、仏教も歴史的な流れの中、各地で影響を受け変化をしているのでどこでも仏教ならば共通の死生観を持つとはいえませんが、概ね上記の目的に基づいていると言えるでしょう。

お勧めします!葬儀社の選び方に配慮し良い葬儀をしましょう。

この涅槃の目指すうえで、人間の死はあくまで通過点であると考えられます。なぜなら、人は人生においてあらゆる行動を行い、その結果それが善行または悪行として積み重なっていき、死が終焉と捕らえるのではなく、積み重ねたものを元に輪廻転生して新たに性を受けるとされているからです。 仏教においては生きることは苦であり、物事の真理を正しく理解し、洞察した者だけが悟りを開くことができこの輪廻転生の流れから抜けることができるとされます。

まず葬儀社の選び方に関し最も大切なことは、どんな葬儀をしたいのか、それを明確にすることから始めましょう。 そして、希望を伝えた時に丁寧に対応してくれるか、希望に応じた提案をし、納得する説明を快くしてくれるか、これらが重要になってきます。ですので、インターネットの口コミや友人、知人の紹介だけでなく、実際葬儀社を訪れ相談する中で、自身で担当者の人柄をよく見、よく知り、信頼関係が築けるかどうかを見極める努力をしましょう。 費用や近所付き合いも大切ですが、良い葬儀社を選ぶためには良い担当者を選ぶことをお勧めします。