神道におけるルール

神道におけるルール

一般的によく見る神棚も神道式の場合が多くあり、葬儀中は白い紙を貼り拝礼をしなくなります。神道では、葬儀後に10日毎に法要のような祝詞がささげられ、50日祭において喪が明けたとしますのでそれまでの期間を忌中とします。 ご自身が神道でなくても、神葬祭に参列する機会はあるかもしれませんので最後に、神葬祭での独特のマナーを少し紹介しておきます。
神道では、「御香典」とは書かずに、「御霊前・御神前・御玉串料」などと書くのが原則ですので葬儀に行かれる前に神道の場合は注意が必要です。

比較しましょうお勧めします損しない葬儀社の選び方

また、神葬祭においては、焼香はありません、代わりに玉串を納め、拍手を神社参拝と同様に二礼二拍手一礼で行いますが、拍手は音を出さない忍び手で行うという特徴があるので覚えておくとよいでしょう。
他にも、神道独自のルールやマナーはありますので、普段あまり意識しないことですが神道式の葬儀によばれたことなどがわかったら信仰と説明に従い、またその機会に調べてみると新しい発見があるかもしれません。

葬儀は急に必要になり、知識がないため葬儀会社のいわれるままにしてしまうと多額の費用がかかってしまいます。 無駄なく良い葬儀を行うためには他人任せにせずに自分で比較して葬儀社を選ぶことをお勧めします。 葬儀社の選び方はインターネットで見積もりを取ったり、電話で問い合わせることで判断しましょう。 親身になってくれる葬儀社であれば、契約をせかすことなく希望にそった提案をしてくれるため、事前の見積もりを出さないような葬儀社は利用しないほうが安心です。