神道における葬儀の特徴

神道における葬儀の特徴

神道とは、古来より日本において信仰されてきたとされる宗教文化で、伝統的な民俗信仰・自然信仰その基礎とする多神教とも呼ばれています。
神道の特徴として、明確な教義や教典がないこと、森羅万象に神が宿ると考えていること、祖先の霊を祀る習慣があること、祭祀を重視すること等が挙げられ、現代においても神社を中心に信仰が続けられています。つまり故人の肉体より魂に銃身をおくのです。 このような沿革をもつ神道のなかでは葬儀のことを神葬祭と呼び、仏教とは全く流れの異なる独特の葬儀を行っているようです。

葬儀社の選び方 スタッフが丁寧なところをお勧めします 見学しましょう。

細かく見ていくと、神葬祭においては、遷霊祭という行程行事が重要なものとして挙げられます。
これは神職が、ご遺体から魂を霊璽に移すという意味を持っており、霊璽は仏教式の葬儀でいうところの位牌のようなものです。
さらにこの霊璽は一般的には位牌形式が多いとされますが、故人の愛用品を霊璽として、故人の魂を移すこともできるそうです。そのため故人の愛用品を祀ることもできるのですね。

家族が急に亡くなったときに、葬儀社を選んでおかないととても大変です。もちろん、掛かり付けの病院から紹介されることもあるので困ることはありません。しかし、病院が紹介してくれたからといって、そこが良いところか分からないので、事前に決めておくことをお勧めします。葬儀社の選び方は、見学してスタッフと料金プランを話し合っておいたり、複数の葬儀社を見て回って、話を聞くようにしましょう。パンフレットやサイトだけではわからないところもたくさんあります。