ユダヤ教における葬儀

ユダヤ教における葬儀

ユダヤ教は古くに中近東付近で発生した宗教で、後にイスラム教やキリスト教となっていたものの源流と考えられています。そのため、イスラム教やキリスト教と似ている部分が多数見受けられます。 ユダヤ教の死に対する思想概念は、他の宗教に比べ、現実的であるとされます。すなわち、他の宗教によくみられる死者の世界であったり、死後の世界であったりといったものはありません。その代わり、審判の日において全ての魂が復活し、選別されると言うように考えており、これはイスラム教やキリスト教にも共通してみられる考え方であるといえます。判決の基準は、生きている間に行った行為の善悪であるとされ、悪いことを行った者は永遠の命を得られず地獄に落ちると考えられているようです。

葬儀社の選び方をお勧めしますので実行しましょう。

また、悲しみの表現がはげしい点や遺体に香油を塗るところなどイスラム教における葬儀と類似する部分が多くあります。 このあたりがユダヤ教がイスラム教・キリスト教の根源であることを如実に表している証拠なのではないかと感じます。

葬儀社は全国各地にありますが、それぞれサービスや費用がことなります。親切に対応してくれて、適正な費用で葬儀を行ってくれる葬儀社の選び方として、見積もりを取ることをお勧めします。見積もりは最低でも2~3社に依頼して、比較しましょう。そして見積書をしっかり検討し、別料金が発生する事案について事前に確認しておきましょう。葬儀を終えたときに見積もりとかけ離れた高額請求をされないように、見積書を見ながらスタッフから口頭で説明を受けるといいでしょう。