無宗教葬儀

無宗教葬儀

宗教的要素を省いておこなう葬儀のことを、無宗教葬儀といいます。僧侶・神官・牧師・神父などの宗教者を招かずにおこなうお葬式のことです。宗教的な儀礼なども営まない事が一般的であり、自由にみおくる「お別れ会」又は「音楽葬」「自由葬」などに多く執り行われています。この場合には、どのような内容で無宗教のお葬式を執り行なうかある程度、お葬式を出す側で考えておきましょう。

一般的に無宗教の葬儀は、白木祭壇を利用する事は非常に少なく、全体的に葬儀にかかる費用を抑えられる事ができます。ただし、祭壇を生花等の飾る花祭壇を施工した場合などのような、趣向を凝らすと生花の数と技術に対して高価な費用が加算されることになります。

葬儀費用の抑え方は葬儀屋さんと交渉しましょう。事前の相談をお勧めします。

さらに、会葬者のお別れも焼香ではなく、生前に故人が好きだったお花で、献花をする例が多くみられますが、これも別料金となり全体的に高額になります。 経験の豊富な担当者であれば、葬家が求められている儀式内容に対して、ご予算や予測される会葬者からの供花を生花祭壇に一部利用する事など、祭壇費用を抑える方法等も、事前の、相談の中で提案していただけるでしょう。 実際には、担当者の経験や知識によっても儀式の進め方は異なり、その葬儀社の持つプロデュース力を発揮して、葬家が納得のいくお葬式を無宗教葬としておこなうことも可能なわけです。

これらの相談は、生前にご自身の意思で無宗教葬を考え、相談する方々が年々増えてきています。まだ無宗教葬は世間では多くはありません。見送るご遺族と、見送られる自身でのお葬式に対する同意も必要と言われています。生前から家族で話し合ったり、遺書のようなものを書き残し、親族の同意を求めておく事は、自分の旅立ちにも安堵感にもつながると思います。

また菩提寺のある方の無宗教葬儀は、菩提寺でありながらその墓地へ納骨を認めて貰えない場合も予測できます。菩提寺と先祖とのお付き合いもありますので、いずれにしても菩提寺の同意は得ておいた方が今後良いでしょう。しかし、都営・市営などの宗旨宗派を問わず、納骨できる場所を持っていればこれらの問題は考える必要はありません。そうでない場合は事前に考えておく事が必要でしょう。

近年の傾向として、故人が生前に好んでいた音楽を流す事(音楽葬)とか、故人の愛嬌品や、生前の故人を偲ばせる思い出の品などを装飾して、あくまでも故人をしのぶことを、目的としてのお葬儀も行われています。祭壇にも、故人を偲ぶオリジナルな要望を求める方々もとても増えています。 無宗教葬では、葬儀社の担当者の経験と、趣向のセンスによってもイメージが変わってしまうので、独自のセンスを強く打ち出して相談してみるとよいでしょう。

施主としての要望を的確に伝えて、尚且つ予算とのバランスを考えた提案をしても、快く対応してくれる葬儀社は心強く、安心して依頼をしてもよいといえるでしょう。

葬儀費用の抑え方にはいくつか方法があります。まずはお葬式の規模を小さくすることで、諸経費を小さくすることができます。 また、檀家の和尚さんにお葬式の費用の相談をしましょう。 良心的な和尚さんなら、ご家族の気持ちが故人の供養になることはきちんとわかってくれます。 事前にお葬式があることが予想される場合は、葬儀屋さんに前もって相談することをお勧めします。 葬儀屋さんでも事前にお葬式の相談を受けることはよくあることだし、むしろその方が準備はスムーズに進むとのことでした。