音楽葬に参列してきた体験について

音楽葬に参列してきた体験について

お葬式は、とても重要な儀式ですが故人の個性を尊重してあげることが大切だと感じています。
私の親戚は、音楽葬でお葬式をおこないました。
生前音楽が大好きだったことや、特に信仰している宗教が無いことから、音楽葬にしたようです。
私も参列してきましたが、生演奏でクラシック音楽が奏でられていた音楽葬は非常に素敵なお葬式でした。
高尚で生演奏な音楽は、参列者としても嬉しいものでしたし、故人としても安らかに眠りにつくために非常に良いものだったと感じています。
音楽葬は、参列した人の心に印象深い思い出をつくるためにも非常に良いと感じました。
上質な音楽が流れる空間で、行われた音楽葬はどことなく温もりがあって心に感動を与えてくれました。

音楽葬に決まりごとはほとんどない

近年、音楽葬という葬儀の形式が増加しています。
音楽葬というのは、葬儀の最中に亡くなった方が生前好んでいた音楽を流しながら見送る事を言います。
音楽を流しながら葬儀を進める性質上、宗派に関しても無宗教であっても全く問題なく、実に柔軟な対応によって葬儀が進められるようになっています。
また、音楽葬の進行方法自体に決まりがありません。
普通はお経をあげてもらって葬儀を進めることになるのですが、音楽葬では音楽を流し続けることになりますのでお経の最中でも音楽を止めることはありません。
もちろん、進行状況によって一部のポイントだけを強調して音楽を流すことも出来ますが、それも前もって進行を決めておく必要があります。
音楽葬は亡くなった方の要望に応える形で行うことが大半ですので、死者を弔うという意味でも極めて有意義なものだと言えるのです。

音楽葬・家族葬・無宗教葬について