任意売却後の引越し代について

任意売却後の引越し代について

自宅を任意売却した場合、原則としてその家から引越しをしなければなりません。 友人などに協力してもらい任意売却をして、その友人にその家に住まわせてもらうよう頼み込むという方法もありますが、なかなか現実的な方法ではありません。 競売で住宅を処分したときには、引越し代などは自己負担となりますが、 任意売却の場合には引越し代を自己負担する必要はないとされております。 しかし、そういった行為は法律に明文化されているわけではなく、あくまでも慣習上そうなっているだけです。 ですので、必ずしも債権者が引越し代を負担しなければならない、という義務はないのです。 最近では、引越し代の負担を拒否する債権者の方も少し増えてきている、という話もあります。 しかし現在でも、任意売却のほとんどのケースで引越し代の自己負担はありません。 最近では、任意売却の買い手の方にも立ち退き料の援助ということをお願いしております。 とはいえ、売り手の方はそれを当たり前と思わないほうが賢明です。

任意売却とマンションの管理費

支払いが滞り任意売却を選択する段階では、多くの場合、マンションの管理費も数ヶ月にわたって滞納していることがあり、住宅ローンの返済とは別にマンションの管理会社への支払いも重くのしかかります。 普通に考えて、借金返済では債権者が別であれば、当然個別に返済するのが通常で、自分の債権でもないのに肩代わりしてくれるような債権者というのはいません。しかし任意売却の特殊なところは、管理費の滞納分も任意売却の売却金額から分配できる可能性がある点です。ただし、それであっても債権額全体が減るわけではないのは注意しましょう。 これは、全ての債権者が応じてくれるわけではなく、債権者との交渉の上で成り立ちます。中には管理費の滞納分を任意売却の売却金額から充当することを認めない債権者もいるので、その場合には、別な方法を考えて管理費の滞納分を返済しなくてはなりません。 債権者が応じる場合には、マンションの管理会社にも任意売却後の返済で済むように交渉が必要ですが、返済される見込みがあるなら待ってくれる可能性は高いでしょう。

【神奈川県(他市・町)】