任意売却の決断は早めに行おう

任意売却の決断は早めに行おう

消費税の増税が決定され、慌てて住宅の購入を決める人が増えています。 住宅の購入には多大な金額が必要になりますので、多くの人は現金一括払いでは無く、住宅ローンを利用することになるのではないでしょうか。 中には自分の返済能力ギリギリの、かなり無理をしたローンを組んだ方もいるかもしれません。 住宅ローンには基本的に病気等が原因で支払能力が無くなった場合の保険がありますが、日々の生活には急な出費というものはあるもので、ギリギリの組み方をした上にそのような事情が重なり、返済が滞ってくるとついには住んでいる家を競売にかけられるか、任意売却をするかの選択をすることになります。 放っておけば家は債権者により競売にかけられ、市場より低い価格で売却することになりますが、その前にこちらから任意売却を行うことで、それよりも高い金額で売却することが出来ます。

任意売却には競売にかかる手数料も無いので競売よりもお得ですが、注意したいのは競売が始まってしまうと任意売却がし辛くなってしまうので、早めに任意売却の決断を下すということです。

任意売却の業者選びは慎重に

任意売却は裁判所が厳格な法律に則って手続きを行う競売とは異なり、銀行との合意で行われる手続きです。 競売であれば債務者は何もしなくても勝手に手続きは進行していきますし、その意味では面倒な手続きは必要ないと言えます。 一方で任意売却は自分たちでその複雑な手続きを行う必要があるので、法律に疎い素人であれば結構な負担にもなります。仕事をしていれば尚更ですしやはり任意売却をする際には専門家の人に依頼するのが一番よい方法といえるでしょう。餅は餅屋ということわざがありますが、任意売却にも当てはまることで、任意売却には任意売却の専門家に任せてしまった方が時間の節約にもなります。 今はインターネットで多くの任意売却業者を検索することができる時代ですから、それから複数ピックアップして話を実際に聞いてみることをおすすめします。やはりこの業者選びにはじっくり時間をかけたほうが、後々自分たちが後悔しないことにもつながるはずです。

東京都下(市部)】