任意売却ならば秘密を守ることが可能

任意売却ならば秘密を守ることが可能

任意売却のメリットとして、秘密を守れるという点があります。
その点についてはまず競売をするとどうなるのかを見ていくのがわかりやすいでしょう。 もし任意売却をしないとすると自動的に競売に移行するわけですが、競売の場合、競売物件として広告が出されます。 したがって、近所の人などに住宅ローンの返済ができなくなったということが知られてしまいます。 近所づきあいにも支障を来たすでしょうし、もし近くで働いているのだとすれば職場での評判にも関わってきます。 一方、任意売却であれば、物件の広告を出す際に任意売却物件であることは示す必要はありません。 したがって、近所の人に住宅ローンの滞納を知られることはありません。 仕事も近所づきあいも今までと全く同じようにできます。 近所の人に知られたくないという任意売却希望者は実はかなり多いです。 そのため、近所の人に知られたくないという希望は任意売却業者もきちんと理解してくれますから、早めに伝えるようにしましょう。

任意売却物件を購入するときの注意点とは

任意売却物件は、通常よりも値段が低めに設定されていることが多く、それ故マイホームを購入したいという方にそれなりに注目を浴びている物件です。掘り出し物といわれるような、大きさや外観のわりには手軽な値段で手に入るものも、少なからず存在しています。 しかし任意売却物件というものには、それ相応のデメリットというものもあります。 そこのところを全く考えずに購入を決めてしまうのは、よいこととは言えません。 まず第一に、任意売却物件は前の所有者が住宅ローンを滞納し、やむ終えず手放した家がほとんどだ、ということだけは覚えておきましょう。当然誰かに売ることを考えて住んでいた家ではないですから、一般的な物件と比べて、あらゆるところに不具合が生じている可能性があります。 また任意売却というものには、必ず債権者の存在というものがあり、ここの話し合いが上手くいかなければ取引が長期化する場合もあります。 任意売却物件とは、前の所有者と債権者と不動産会社と、いくつものところが影響しあった、購入の際少し複雑な手続きを要する物件なのです。

【東京都23区】