葬儀社とは?

葬儀社とは?

葬祭業(そうさいぎょう)は、通夜や葬儀、祭事の執行を請け負う事業種です。

葬儀社の選び方

 ほとんど人が病院で亡くなりますが、病院からの紹介業者=良い葬儀社とは限りません。むしろ多くの場合、一般の業者に比べると費用が高い傾向にあります。病院からは、ご遺体の搬送だけを依頼することもできます。

知り合いの紹介で決めることもケースとして多いですが、その場合、その知り合いの人自体を信頼できるかどうかがポイントです。それに、大手で有名だから良い葬儀社とも限りません。民間でも葬儀社を紹介するような第三者機関もありますが、紹介の基準や、その機関の信頼度も判断しなければいけません。 またポイントのひとつとして、老舗とされる地元密着型で、営業してきた比較的小さな葬儀社には悪い葬儀社は少ないと考えられます。いいかげんな葬儀をやっていると、こういった形では経営できなくなるからです。

葬儀社選びをする上で、もっとも必要なのは、どんな葬儀がしたいのかを考えることです。重要視する部分を、規模・価格・サービスと考えてはっきりする必要があります。各葬儀社にもそれぞれに特徴、得意・不得意と分野がありますので、自分の希望する葬儀に見合った葬儀社を選びましょう。

優良な葬儀社の見分け方に、法則があるわけではありませんが、常識に照らし合わせて、丁寧な対応、分かりやすい説明、希望にあった提案をしてくれる葬儀社を見極めましょう。また、葬儀はそれぞれの担当者によっても変りますから、担当者の人柄も重要になってきます。 以下に、優良葬儀社の見分けめ点を箇条書きにしてみました。

・事前に明細のはっきりした見積もり書を出し、明確な金額と説明をしてくれる。

・ 質問に丁寧に答えてくれる。

・ 最初から提案をせずにきちんと選択肢を示してくれる。こちらの希望に沿って提案がある。

・ 価格の低い葬儀を希望しても、丁寧に対応してくれる。

・ とにかく契約を急がしたり、押しが強かったりしない。

・ 分かりやすい資料、施行例、パンフレットを用意している。

・ 店舗を持って、長年営業している。

・ 支払い期日に余裕がある。

不動産投資は必ず必要
不動産投資の初心者でも安心の
不動産投資相談センター
不労所得を目標に、資産1億円を目指します。

中古マンションの購入には必ず必要なのが
良心的な不動産屋さん。
中古マンションの購入なら
さくらエステートがオススメです。